吹奏楽部に入ったらチューバという知らない楽器を渡された人の為に

tuba lesson online & DAW Sound Create

*

息を出してみる1 (とりあえずチューバは置いといて・・・)

      2013/10/19

 

息を「はく(出す)」のと「吸う」のと、どちらを先の記事にしようか迷ったのですが

 

「い、息が足りない・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)」

 

と、まずは感じて頂いた方が、その後、もっと息をたくさん吸いたいと思っていただけて

より良い流れにかなと思い、最初は、息を「はく(出す)」方から記事にいたしました

 

・・・・さて、YouTubeなどのコメントで色々な方から演奏の方法について

ご質問をいただいた際に、ご質問の内容はともあれ、私がまず考える事は、その方が楽器を吹く際に

 

息を「たっぷり」と「一定」に「まっすぐ」出しているか

 

ということです。

 

これについては、チューバ吹きであることを一先ず置いておいて

どなたでも試すことが出来る方法があります。

(他にも色々な方法や、器具を使って確認することが出来るのですが・・・)

 

1.ティッシュを1組取り出します。
(ポケットティッシュだと結構な割合で2組でてきてしまうのは、私だけでしょうか・・・)

2.四分の一の大きさに折ります。

3.平らな壁の前に持っていきます。

4.ティッシュを手から離し、落ちないように息をふきつけます。

5.すぐにティッシュが落ちないように、また、息が残っている間に落ちないように練習します。

 

※練習しすぎると、過酸素で頭がクラクラしてしまうので、連続して行う場合は

 目安として3分までとし、休憩を必ず入れてください。

 もちろん3分でなくても、疲れたらそこで休憩してください。

 

なお、ブレスビルダーという器具があれば、今回の「はく」方だけでなく、

後で説明させていただく息を「吸う」方もあわせて、一連の動作(「すう」⇔「はく」)が練習できます。

ちなみに私はブレスビルダーを売っている人でも、作っている人でも、

中の人(?)でもありませんので、念のため。

 

1.ボールが勢いよく天井にあがり

2.ボールが天井にあたったまま、落ちてこないように練習します(息を出している間)

 

・・・・以上の方法が、出来るようになったら、みなさんは

より管楽器を吹くために適した息のはき方(出し方)になっていると思います。

 

きっと部活で、もてもて。身長も伸びて、成績も上がっているはずです ヾ(・∀・)ノ

 

 

・・・・゜・:.。*.・+゜ ヾ(*´∀`)ノ゙ うそです 。ごめんなさい゜・:.。*..:*・゜

 

ということで、今回は「チューバ吹きであることを一旦おいといて」息のはき方(出し方)について確認してみたので

次は、チューバを吹く際に適した息のだし方について考えてみます m9(・∀・)

 

 - 息の使い方(ブレス), 息を出してみる , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
息を吸ってみる2

    前回の記事で、息を吸っている時の良い状態と悪い状態を …

no image
息を出してみる2 

  前回の記事(息を出してみる1)で、チューバに限らず、管楽器を演奏す …

no image
息を吸ってみる1

  前回までの息を出す練習で、そろそろ、   「全然、息足り …