吹奏楽部に入ったらチューバという知らない楽器を渡された人の為に

tuba lesson online & DAW Sound Create

*

セルジオ・カロリーノさんにお会いした②:音階練習の大切さについて

      2015/12/03

前回のブログでは、チューバ奏者のセルジオ・カロリーノさんに
お会いした時の様子を、非常にざっくりとではありますが
写真や動画でお伝えをさせて頂きました。

そして、初めてセルジオ・カロリーノさんの生音を耳にした私は、
あまりの凄さに驚いたのですが、もう一つ驚いたエピソードがあります。

音階練習の重要性

次田さんから間接的に伺ったお話なのですが
セルジオ・カロリーノさんの母国、ポルトガルでは
楽器を演奏する上で、音階(スケール)の練習が
日本より、もっともっと重要視されているそうです。

そのためセルジオ・カロリーノさんも
音階の練習については、非常に熱心に取り組まれていて、
私からすると、まるでジャズ奏者のように
各種スケールとアルペジオを、その場で取り出して
アドリブフレーズのように淀みなく演奏されます。

 

Hey Hey my Brother Shimpei, trying the new signature romera brass mouthpiece S38 for bass tuba ! What do you think? Tomorrow will play with the Yamaha prototype and send to you to compare ! Cheers mate !

Posted by Sergio Carolino on 2015年11月17日

 

もちろん、日本の金管楽器の社会でも
音階練習は行ないますが、ここまで徹底して、
まるで自分の話し言葉の一部のようになるまで練習ことは
少ないのでは無いかと思います….。

自分の話し言葉の一部のように

どうしても「試験のため」や「日課練習の一部」として
練習しがちな音階の練習ですが、”楽曲”を紐解くと
それは何らかの音階や分三和音で構成されている曲が大半です。

自分の話し言葉のようにスラスラと、そして
いつでも自由に取り出して吹くことが出来るように
音階を練習し直そうと反省した一日になりました。

 

P.S.)この記事を書きながら、アンソニー・プログさんに
J.スタンプのパターンをレッスンで見て頂いた時のことを思い出しました。
ご存じの方はお分かりになると思いますが、あのパターンも
シンプルなスケールで構成されています。
私が思う以上に、プログさんは音程についてシビアでした。
スケールを思い通りに、そして正しい音程で演奏するということは
もっともっと大切なことかもしれませんね。

 - Blog, チューバ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

何だかんだでずっと使っているマウスピース①:ペラントゥッチ PT-88

「このマウスピースに変えれば、きっと・・・」という幻想 自分にあった最適なマウス …

エンパイア・ブラス

エンパイア・ブラスの創設者でトランペット奏者のロルフ・スメドヴィグさんが 先週の …

マーラーのハンマー

Dernière #répétition de la 6 ème de Mahl …

Web記事紹介:ドリカム中村正人さん「音楽で実現したいことが生まれれば生まれるほど、いつもビジネスの方が追いかけてくるんですよ。」

ドリカム・中村正人が語る音楽ビジネス(ORICON STYLE) 自分の音楽を実 …

ブーレーズ氏のバースデーケーキが素敵すぎる!

Happy 90th Birthday Pierre Boulez! Here’ …

「ひまわりの約束」をチューバで演奏してみた。

  先日になりますが、YouTubeとニコニコ動画に 「ひまわりの約束 …

チューバを始めたきっかけは…?(twitterアンケート結果)

twitterにアンケート機能が追加された…という事で、 テスト的に …

チューバのマウスピースで有名な『ヘルバーグ』とは…?

August Helleberg(デンマーク⇒アメリカ 1861~1936) チ …

川浪浩一さん(大阪フィル チューバ奏者)による演奏会のお知らせ

2月13日(土)、チューバ・川浪浩一がメイシアター小ホールでのコンサートシリーズ …

「とびら開けて」をチューバとユーフォニアムで演奏してみた。

  アナと雪の女王が流行った2014年に投稿したもので、劇中歌の中でも …